肖像権・パブリシティ権について

画像には以下の様な法的権利が関係するものがあります。Qiitaの記事投稿で画像を使用されるにあたってはこれらの権利を侵害することがないように気を付けて下さい。侵害した場合には権利者からの主張により記事が掲載できなくなるまたは、掲載者が損害賠償を請求される等生じる可能性があります。

  1. 著作権

    • 一般的には画像を作成した人(写真の場合には撮影者)に著作権があります
    • ご自身が著作権を保有する画像、使用にあたり許諾(使用自体の許諾、使用方法(範囲)の許諾)を得ている画像、または、著作権フリーの画像を使用するようにしてください
  2. 肖像権

    • 自己の容姿を無断で撮影されたり公表されたりされない権利をいいます
    • 知らない間に容姿を撮影されたり、それを例えば書籍やSNSに掲載されるのには抵抗を感じる人が多いと思います。そのような人格的利益を保護するために認められる権利です
    • 撮影した写真にご自身以外の人物が写っている場合には気を付けて下さい。例えば以下の様な対応方法が考えられます
      • その人物に掲載が問題ないか事前に確認する
      • その人物であることが分からないようにぼかしたり影を入れる等の対応を行う
  3. パブリシティ権

    • 著名人や有名人の氏名、肖像等に生じる、その人気や名声から生じる経済的利益を保護するために認められる権利です
      • 判例上、競走馬にもパブリシティ権が認められたケースがあります
    • 肖像権とは異なり、それを使用することで顧客を吸引する点に着目されています。Qiitaへの記事投稿に置き換えると、このような肖像を使うことでキャッチーな投稿となり閲覧数やLGTMが増加するというのも一つの効果に該当します
    • 著名人、有名人の画像を使用することは、肖像権、パブリシティ権の両側面から問題となる可能性があります
    • このような観点に注意して、著名人や有名人の氏名、画像の使用は控えて下さい